おすすめ作品

​「シアター・プノンペン」

監督 ソト・クォーリーカー 

​DVD/1 時間 45分

女子大生がプノンペンの古びた映画館で偶然見た映画には、若かりし頃の母が出演していました。
しかしその映画の最後のロールは
失われていて、エンディングまで見ることが出来ません。
娘は母に映画出演のことを問いますが、かつてのことを語ろうとしません。
母親世代が生きたあの時代に何があったのか?
そして映画と女優だった母に秘められた秘密とは?


映像の色味や、物語の作りが古いヨーロッパ映画のようで、「いい映画を観たな」と思えた一本です。

​主演 マー・リネット

​<映画予告>

​<参考リンク>