P1000182.JPG

トゥールスレン
博物館

カンボジアを学ぶために避けては通れない「負の歴史」を学びます。

ポル・ポト政権時代の”負の遺産”として、プノンペンの町中に当時の強制収容所が博物館として、そのままの姿で残されています。


ここは動乱期以前には高校だった所なので、牢獄に改修された教室や、拷問の道具、犠牲者となった方々の遺影などが展示されています。

 



 

DSC_0551 - コピー.JPG
DSC03522.JPG
DSC_0554.JPG
DSC03516.JPG
P1000180.JPG