top of page

4年ぶりの“オフライン”




先週の土曜日に、新潟市の東区役所で国際ボランティアサークル:Rueng(ルーン)が開催してくれた講演会に行って来ました。

講演会といっても大したものではなく、ホワイトベースの昔話の発掘に至った経緯などこれまでの活動や、カンボジアの商品開発をしている学生団体Ruengとの馴れ初めなどの話です。


このコロナ禍では学生団体もかなり行動を制限され、ミーティングもオンライン上でのみで行われたり、文化祭もオンライン。現地の支援先に物資を運ぶのも(日本から渡航できないため)現地の人にお願いする・・・そんなこんなの3年間でした。

懇親会の中では、いろいろな質問や相談を受けました。 カンボジアの事はもちろん、私がかつて行った世界旅行の話や、就職活動のモチベーションの話まで。


ん~、やっぱり対面は良いですね。

ポンポンと「ひらめき」や「アイディア」が降ってきて、ズームの時よりおもしろいアドバイスが出来たかなと思います。

こういうのを【現場力】とでも言うのでしょうか?

オンラインではない、その場のリアルは雰囲気や人との距離感が掴めるオフライン。 2時間半くらいの交流会でしたが、人に会いに出かけていくことの大事さを痛感した、そんな新潟出張でした。






Comentários


bottom of page