WHITE BASE

代表の挨拶

代表:石子貴久

当サイトをご覧くださってありがとうございます。

私とカンボジアのご縁は、2001年に日本テレビ系『進ぬ!電波少年』という番組の【アンコールワットへの道の舗装】という企画に参加したことに始まります。
大学4年時に突如休学して番組に参加し、10名ほどの仲間たちと89kmの道の舗装作業に従事していました。

当時はまだ地雷も多く残るエリアでしたが、道路という生活インフラの整備に関わった9ケ月間が私にとって国際貢献の最初の一歩でした。


 

 番組終了後も個人的にカンボジアを訪れ、かつてお世話になっていた小学校やお寺の子供たちへ、日本の友人に呼びかけて集めた文具品や古着などの寄付を通じて関わってきました。

そうした活動の中で、カンボジアの小学校には体育、音楽、美術(図工)の授業がまだ無いということを知り、日本の若者による「出前授業」を思いつきました。"国語と図工のミックス授業"として、カンボジアの紙芝居を作るというものです。

こうした教育支援関連の活動を中心とし、異国の地で酸いも甘いも様々な経験をしてもらいたいと“海外版のサマーキャンプ”と題してスタディツアーを立ち上げました。
 

 また、カンボジアの地方に眠る昔話の発掘&絵本化。個人や団体、法人CSRなどでの国際貢献のサポートや、外国人材の日本での就業サポートなど、カンボジアと日本の接着剤としてアイディアを振り絞って面白い企画を考えて行こうと思っております。

一般社団法人 ホワイトベース   代表 石子貴久