​外国人材
のサポート

2019年より施行されました外国人労働者向けの新しい在留ビザ「特定技能ビザ」を有する外国人労働者:特にインドネシア、ベトナム、タイ、カンボジアの4ヵ国の労働者を日本の就労現場にご紹介するコンサル事業を承っております。
“特定技能ビザ”とは、以前に技能実習生として来日し、3年の就労を満了した外国人が取得できるビザです。日本での労働を経験した人材であり、再び日本に来日して就労したいと希望する外国人労働者をご紹介するサポートをしております。

介護、農業、建設業、製造業など、現在法律(特定技能ビザ
)で就労が定められている下記の業種さまへマッチングをさせていただいております。

特定産業分野

​ご紹介できる業種は以下の14業種となります。

介護、ビルクリーニング、農業、漁業、飲食料品製造業、外食業、素形材産業、産業機械製造業、

電子・電気情報機器関連産業、自動車整備業、航空業、宿泊業、建設業、造船・舶用工業